続・やっぱりプログラミング学習は目的がないとだめだ

続・やっぱりプログラミング学習は目的がないとだめだ

ご挨拶

どうも、熱いさなか新宿西口ルノアールにてブログを書いている、umentuさんです。アイスティとエアコンで逆に寒くなってます。ソトデタクナイ。

 

あ、コーポレートサイト作りました。見てね☆

umentu.com

 

さて、タイトルの件ですが

 

私、実は以前、こちらのブログで炎上させた者でした。

 

私、実のところとあるプログラミング塾で講師、というかメンターをやっております。メンターというのはどういうものかというと、受講生のモチベーションを上げつつ、学習スピードや学習計画を調整していくような仕事です(別途、カリキュラム作成とかもやっているのですが、それはまた別の話です)。

 

それはそうと、受講生の方と2週に1回お話するのですが、とてもアイデアを持っているんですよね。「こういうものを作りたい」というようなお話が、本当にたくさん出てくるんです。とても目的に対して貪欲なんです。ただ、それを表現するために手段がないだけなんです。その手段を得るために、プログラミング塾に来ているわけですね。

それを見ていて、「やっぱりプログラミング学習を目的にすることは良いことはない」と思いました。何かを作ることであったり、何かを達成するためのプロセスにプログラミング学習があるのだと思います。結局、モチベーションが続かないんですよね。他の忙しいことにかまけてしまったり、別の自分のやりたいことに目が向いてしまったり。そんなことに目が向いてしまうくらいなら、そっちに注力して、プログラミングなんかやる必要はないと思います。

これは消極的な意見ではありません。その人には他にもっとやるべきことがある、ということをいいたいんです。なんとなくプログラミングが流行ってるしやってみるか、とか、みんながやってるしやってみるか、で始めることは決して悪いことではありません。ただし、その先の何かを見据えてもらいたいんです。プログラミングを始める前に「あぁ、プログラミングってこういうことができるのか」であったり、「あ、自分が使ってたこれってプログラミングが使われてたのか」であったり、なんでもいいんです。とにかく、プログラミングというものについて、何かしらの興味を持ってから始めてもらいたいのです。何度も言いますが、そうしないとはっきりいって時間の無駄です。

過激な意見と捉えられても

プログラミングが楽しい、と思える人はこの意見は聞き入れてもらえないことはわかっています。ですが、今まで人に教える経験をする中で、結局目的を持っている人だけがプログラミング学習という山を乗り越えています。あくまでも私の経験則です。ですが、これからプログラミング学習を始めるという方は、目的をもって進めてもらえればと思います。

Follow me!

コラムカテゴリの最新記事

%d bloggers like this: